ご予約・ご相談はこちら

Close

ご予約・ご相談はこちら

診療
時間
月~土 9:30〜13:30
15:00~18:30
18:00〜20:00
休診
日曜・祝日
  • 03-3774-0071
  • メールお問い合わせ

歯周病治療

歯周病

歯周病
歯がしみる、歯ぐきから血が出る、口臭がする、朝起きたら口の中がねばつく。こんな症状がでたら、歯周病かもしれません。歯周病は早めの治療がカギとなります。1つでも当てはまる症状があれば、すぐにご相談ください。

歯周病はどんな病気なの?自覚症状はあるの?

歯周病は、歯と歯ぐきの境目から細菌が侵入し、歯を支えている歯茎や 骨などの組織を破壊する病気です。
初期段階では自覚症状がない場合が多いため、知らないうちに進行し、歯茎の発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなどさまざまな症状が現れる頃には歯を残すことが困難になる場合もあります。
歯周病が原因で歯を失うケースも多いですが、早期に発見することで予防ができ、また治療することも可能です。

歯周病の原因について

歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)にひそむ細菌です。しかし、以下のような生活習慣が細菌に対する抵抗力を弱めたり、歯垢を増殖させたりして、歯周病の間接的な要因となっていることも少なくありません。
  • 歯ぎしり
  • 食いしばり・噛み締め
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病・骨粗鬆症・ホルモン異常など)

西大井駅前歯科の歯周病対策

歯磨き指導

歯周病の治療では、プラークコントロールによって歯垢を減らし、原因となる菌の増殖を抑えることが大切です。軽度の歯周病の場合には、正しい歯磨き、歯間ブラシやデンタルフロスの使用により歯垢を丁寧に取り、適切なデンタルケアを行います。

一人ひとりが保有している菌の特定と処方

当院では、口腔内の菌を調べ、その菌に合った薬の処方や歯磨き粉の提案をしています。口腔内の状態に合わせたセルフケア用品を使用することで、軽度の歯周病であれば、進行を食い止めることができます。

歯周病の症状と治療期間

軽度歯周病(歯周炎)の症状

軽度歯周病(歯周炎)の症状
歯磨き時の出血や、歯肉に軽い腫れがある状態です。
進行すると歯と歯ぐきの境目に菌が入って炎症が起こり、口のネバネバ感や口臭、歯と歯肉の間に歯周ポケット(溝)もできはじめます。治療期間は1〜2ヶ月で、プラークコントロールや歯石除去をします。

中度歯周病(歯周炎)の症状

中度歯周病(歯周炎)の症状
出血や腫れなどの初期段階で放置していると、歯周ポケット(溝)内に歯石が付き始めます。歯周ポケットにも菌が入り込み、歯がグラグラする場合があります。治療期間は2〜4ヶ月となります。

重度歯周病(歯周炎)の症状

重度歯周病(歯周炎)の症状
歯と歯の間の隙間が広がる、歯が長くみえる、口臭がひどくなるなどの症状がでます。
歯肉の色が赤、または赤紫になり、出血しやすく、物を噛むのが困難になります。
特にグラグラした歯がある場合は、周囲の歯も治療しないと他の歯に感染が広がるおそれがあります。治療期間は4〜6ヶ月で、状態によっては外科的治療や抜歯も考えられます。

早期発見・早期治療が大切です

歯周病は、自覚症状がほとんどないため、気づいたときには進行している場合がほとんどです。日頃から丁寧にセルフケアするのはもちろんですが、それだけでは完全に汚れや歯垢を取り切ることはできません。歯科医院でクリーニングと定期検診を受けて、歯周病を予防することが大切です。患者様の状態に合わせた定期検診や予防のための治療も行っていますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせはお気軽に

歯のことでなにか心配なことがございましたら、
お気軽にご相談ください。
西大井駅前歯科クリニック/インプラント治療/
矯正治療/審美治療/虫歯治療/歯周病・予防治療/
小児歯科治療/入れ歯

pagetop